SEの転職先

社内SEとは

「連日の残業や休日出勤で、このままSEとして働き続けるのは限界…」と感じているなら、社内SEへ転職する道があります。

 

社内SEとは、開発会社側ではなく、システムを発注する会社側のSEのことです。

 

開発会社側のSEとして働いているなら分かると思いますが、要件定義など打ち合わせを行う際の相手のことです。

 

最近は、どんな業種でもIT化が進んでいるので、IT部門を持つ会社が増えています。

 

ただし、本業は別にあるので、IT部門はシステム企画や保守がメイン業務になっています。
(開発が必要な場合は、開発会社に依頼することとなります。)

 

一般的に社内SEは、開発を行わないため、開発会社側のSEほど忙しくありません。
また、他の部門との関係で、労働時間を制限していることもあります。

 

このため、SEの中ではワークライフバランスが取れる職種といえます。

 

社内SEならではの充実感と苦労

一般的に労働時間は少ないですが、社内SEならではの苦労もあります。
(開発会社側のSEと同様に、連日の残業や休日出勤が当たり前の社内SEもいます。)

 

例えば、保守的な業務が増えるため、スキルアップにつながらないと感じることがあります。
また、部門間の調整では社内の力関係があったりして、IT以外の部分での気苦労もあります。

 

ただし、ビジネスに直接的に関わることができて、社内SEならではの充実感も味わえます。
要件定義を決められる快感と決めた要件でビジネス上の成果が出たときの充実感は最高です。

 

社内SEに転職するにはビジネス知識を身につける

社内SEに転職しようと思っても、募集が少ないのが現状です。そのため、社内SEを狙っているのであれば、複数の転職サイトに登録するなど、積極的な転職活動が必要になります。

 

また、募集枠を見つけられたとしても、競争率が高くなっています。
このため、面接などで、いかにアピールできるかが大切です。

 

あたりまえですが、「楽そうだから」では、転職できません。社内SEに転職するには、「ビジネスに貢献したい」気持ちが大切です。

 

その気持ちを形に表すためには、ビジネス知識を身につける必要があります。「入社してから勉強します」では、他の志望者と差がつきません。

 

例えば、その業界の資格を取得するなど事前に準備しておくことが大切です。

 

業界を絞りきれていないのであれば、中小企業診断士など一般的なビジネス知識を得るものでも効果的です。(診断士資格取得者にはSE出身者が多くいます。)

 

資格の勉強はハードルが高いと感じるかもしれません。
ただ、社内SEは競争率が高いだけに、こうしたことで差をつける必要があります。

 

ビジネス系の資格の詳細は

ビジネス系資格については資格情報サイトに掲載されているものが参考になります。
下記などでチェックしてみてください。
ビジネス系の資格をチェック


広告


 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収