SEの転職先

SE転職の「王道」路線

SEから上流工程を担当するコンサルプロジェクトマネージャに移るのは、「SE転職の王道」とも言えます。

 

プログラマから、システムエンジニアを経てプロジェクトマネージャ、コンサルと進むのは、IT業界では一般的なキャリアパスです。

 

大きな会社であれば、そうした「王道路線」が用意されていることもあります。

 

ただし、中小規模の会社では、そうした「王道」がありません。また、仮にあっても、上が詰まっていて次の段階に行くのに10年以上かかるということもあります。

 

中小規模の会社に勤めている人は注意

なかなか、次の段階に進めないとデメリットが生じます。

 

SEとプロマネの適性は違います。SEとしてよりもプロジェクトマネージャとしての適性があっても、早い段階で適性が見つけられないことになります。

 

また、やってみたいと思ったときに移れないと仕事のモチベーションが維持できないものです。


プロマネに資格は必要ない

システムエンジニア(SE)にもプロジェクトマネージャ(PM)にも資格や免許はいりません。

 

誰でも名乗ることが出来ますし、SEとPMの境界もあいまいです。

 

このため、SEからPMに転職するのは、それほどハードルが高くありません。

 

また、採用側も優秀なSEを積極的にリクルートする傾向にあります。

 

特にSEとして「要件定義力」が高いSEは、優秀なPMになる素質があります。「要件定義力」とは、「顧客の要望を聞いて、それをシステム要件に落とす」ことです。

 

PMの仕事も基本的には同じです。ただ、SEよりも考慮しなければならない要素(コスト、品質、身内のSEからの要望など)が増えるだけです。

 

このため、プロマネへの転進を考えているのなら、「要件定義力」を磨いておくことが大切です。

 

要件定義力を磨く方法

要件定義力を磨くには、ドキュメンテーション力(文書力、図表力)を上げることです。

 

具体的には、分かりやすい文章(相手に合わせて専門用語を使う)を書く技術や、文章理解の手助けとなる図表を用いる技術です。

 

これは、「文章教室に通う」ということをしなくても、普段の業務の中で磨けるものです。
自分で書いた文章を読み直してみることでも、十分に効果があります。

 

ヒアリング能力も重要

他にも、会話力(特にヒアリング能力)を上げることが要件定義力を磨くために必要です。
既存システムの現状や問題点などを聞き出すことは、要件定義において極めて重要です。

 

いずれも、すぐに力がつくものではありませんが、転職するしないに関わらず重要な技術ですので、上流工程を目指すなら磨いておくことが必要です。

 

(担当コンサルタントの声)
鈴木さんは今回が初めての転職活動でしたので、書類の書き方・転職活動の進め方・ノウハウまでしっかりご説明し、面接対策も実施しました。転職後は会計系のプロジェクトの上流工程に携わり、会計系コンサルタントを目指したいというキャリアプランをしっかり共有して…
続きは ⇒ 首都圏ITエンジニア求人多数。IT業界の転職ならマイナビエージェント


広告


 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収