SEの転職先

どちらの道に進むかがポイント

システムエンジニアが転職する場合、同じSEとして働く以外にも、いろいろなパターンが考えられます。

 

よくあるのは、SEからプロジェクトマネージャコンサルに転職するケースです。

 

また、同じSEでも社内SEと呼ばれる事業会社側のSEに転職する人もいます。

 

ただし、いろいろなパターンと言っても、大きく分けると2つ。「技術者としての道を極める」か「技術の第一線から離れる」かです。

 

SEが転職する場合は、まずこの2つのどちらにするかを決めることがポイントですが、どちらを選んだとしても年齢により選択肢は限られます。

 

年代により異なるSEの転職先

20代から30代前半までの転職であれば、新たな分野にチャレンジすることができます。
実際にSE経験者をプロジェクトマネージャとして採用するケースなどがあります。

 

また、これからの「伸びしろ」も考慮して採用されますので、いままでに経験したことがないことでもチャンスがあります。転職支援サイトでもこの年代の転職者には力を入れています。


 

 

一方、30代後半以降であれば、スキルをいかに売るかが勝負です。
いままでにSEとして培ったスキルをどのように次の職場に活かせるかがポイントです。
例えば、マネージメント経験が豊富であれば、管理職的なポジションに就くことができます。

 

スキルのあるSEなら年収1,000万円以上も狙えます。スキルには単なる技術力だけでなくマネージメント経験も含まれます。積極的にチャレンジしてみてください。

 

年収1,000万円以上の転職サイト


広告


 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収