30代SEの転職先として考えられるところ

30歳を過ぎたSEの転職先

20代であればSE(システムエンジニア)の転職先はいろいろなところが選べます。まだまだポテンシャルや将来性を評価されることも多いので、未経験の業界に転職することも可能です。

 

これが30歳を過ぎると状況が変わります
同じIT業界内でも経験のない業務への転職は簡単ではありません。

 

また、SEとしても経験のない業界への転職の場合は求人が限られます。
ただし、逆に30歳過ぎならではの転職先もありますのでまとめてみました。

 

30代SEの転職先候補

30歳を過ぎたSEの転職先で一番多いのはやはり同じSE職です。
ただし、20代と違うのはいままで経験してきた業界のSE職ということです。

 

例えば、金融系の開発をしてきたのであれば、金融関係のSE職ですし、流通系ならやはり流通系ということです。

 

20代であれば、メーカー系の仕事からゲーム業界にというような転職も可能ですが、30歳を過ぎるとこうした例はあまりありません。

 

これは30代となるとシステムエンジニアとしての知識のほかに、業務知識、業界知識も求められるためです。

 

システムエンジニア以外の転職先

30代で意外と多いのは、これまで経験した業界以外のSE職に転職するよりも、これまで経験した業界で別の職種に転職するというパターンです。

 

例えば、金融系のSEが金融機関に企画職として転職するといったことがあります。
これはプロジェクトマネジメント力などが評価されることが多いからです。

 

どの業界でも定型業務よりも、プロジェクトを組んで仕事をすることが多くなってきています。全社的な業務改善プロジェクトや品質向上プロジェクトなど。

 

ただし、それを現場でリードできる人材がいないのが現状です。
ここにSEとしての経験が活かせます

 

どんなプロジェクトでもシステム開発または導入は必須ですので、その部分だけでもリードして欲しい。できればプロジェクト全体も見て欲しい。という需要が増えています。

 

こうしたことが出来るのが30歳過ぎのSE経験者です。
具体的な案件は、転職サイトのコンサルタントに相談すると分かります。

 

このような転職先に興味のある方はその旨をコンサルタントに伝えてみてください。SEのスキルを活かした転職に力を入れてくれるところ ⇒ 事実。DODAはエンジニアの転職に強い。

 

広告


 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収