SEの転職先

技術者としてのレベルアップを目指す

SEの転職パターンとして、より上級のシステムエンジニアを目指すというのがあります。

 

もちろん、何をもって「上級」のSEとするかは、人それぞれです。

 

また、会社によって上級SEに求める役割が違うことがあるので事前の調査が必要です。

 

例えば、比較的若い会社に転職すると、技術者リーダーとして、他の社員の指導を求められることがあります。

 

また、特定のプロジェクトを担当するのではなく、技術サポートスタッフとして社内の他の技術者を支援する職につくこともあります。

 

SEでのスキルアップ後に他の職に転職する道も

20代であれば、SEとして特定の分野のスキルを極めた後で、
プロジェクトマネージャ(PM)など他の職種に転職することも可能です。

 

SEとして、広くいろいろな技術を知っておくことも大切ですが、
特定の分野のスペシャリストとなっておくことも管理職やPMになったときに役立ちます。

 

SE時代にスペシャリストだった人は、
管理者やPMになった際に、SEから一目置かれることが多いものです。

 

これはSEを指導する上で大きなメリットとなります。

 

このため、SEとしてスキルアップを図る目的で転職した後で、
もう一度、プロジェクトマネージャなどへ転職するという道も若いうちなら可能です。

 

高い目標を持つ

上級SEへの転職を考えている場合は、スキルの目標を持つことが大切です。特に30代以降も一線の技術者として働いていこうと考えているなら、高いレベルの目標設定が必要です。

 

上級技術者となれば、「資格」だけ表せるレベルではありません。

 

また、上級となれば外からスキルを判断することが難しいものですが「分からないほうが悪い」と言うのでは、良い転職は望めません。

 

そこで、具体的な目標設定が必要になります。

  • 「技術者として雑誌への連載を持つ」
  • 「専門書の出版を行う」

ことなどが目標として考えられます。

 

こうした目標であれば、他人にも説明しやすく、理解してもらいやすいものです。
「出版や連載」がハードルが高いと感じるなら、技術者向けサイトの構築でも十分です。

 

技術者の世界は、意外と狭いモノなので、
良いサイトを作れば、自然と知れ渡るようになるものです。

 

上級技術者としての転職を目指しているのであれば、これぐらいは必要です。

 

(担当コンサルタントの声)
小松さんは3度目の転職になる今回、各社での短めの職歴を気にしてらっしゃいました。確かに他の職種では転職回数を気にされることも多々あるのですが、現在需要の高いWeb系SEでは、LAMP環境での開発経験やLinux/Javaの開発経験などを積んでいれば…
続きは ⇒ 首都圏ITエンジニア求人多数。IT業界の転職ならマイナビエージェント


広告


 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収