外資系のSEに転職するために必要なものは英語力ではありません

外資系のSEに転職するために必要なもの

転職先としてオイシイところといえば外資系です。理由のひとつは給料の高さ

 

外資系というのは本国で儲かるビジネスモデルを持っているところがほとんどです。本国で儲かっていないようなところは、そもそも海外に支社を置こうとは思いません。

 

また、仮に支社を置いたとしても現地の人を採用するようなことはありません。海外に支社を出し、人材も募集しているというのは儲かっていることの何よりの証し。

 

会社が儲かっていれば給料も自然と高くなります。
これが外資系の給料が高いヒミツ。

 

儲かるビジネスモデルがあるということはガツガツ働く必要もありません。残業続きのSEにとっては、これほどオイシイ転職先はありません。

 

外資系への転職で英語力は不要

外資系に転職しようと思っても英語が話せないからと思って尻込みしてしまう人がいますが、日本の支社で働く分には基本的に英語は不要です。

 

仕事は日本語で進め、たまに本社から英文のメールが送られてくるといった程度の「外資系」がほとんどです。

 

本社からのメールも社長からの全社員へのメッセージのようなものなので、分からなくても業務にそれほど支障があるものではありません。

 

外資系に求められるSE

外資系で求められているSEは社内SEが中心です。日本で業務を行うにあたりシステムをいろいろ導入したいが、その担当が欲しいといった感じ。

 

また、本国で使っているシステムは使いにくいので、日本用に別なものを入れたいといったプロジェクトを担当するのが主な仕事になります。

 

ベンダー系の開発のような仕事ではないので、残業時間も多くありません。

 

SEが外資系へ転職するには

外資系への転職には外資系に強い転職サイトに登録するのが一番です。外資系は特定の転職サイトにしか求人を出さないことが多いからです。

 

SEの場合は、IT系の転職サイトに登録していることが多いかと思いますが、そうしたサイトには外資系の求人は掲載されないことのほうが多いです。

 

掲載されないからと言って求人がないわけではありません。外資系に強いサイトに登録してみてください。

 

外資系への案件に強いのはココ

広告


 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収