SEの転職先

SEの転職先にはどんな職種があるか

SEの転職先としては上級システムエンジニア、プロジェクトマネージャ、コンサル、社内SEなどが考えられます。また、ITを離れて企画職に転身することも可能です。

 

SEの転職先パターン

SEの転職先としては同じSEとして働く以外にも、いろいろなパターンがあります。その中でも、プロジェクトマネージャやコンサルタントへの転職は王道とも言えます。また年代によっても転職先のパターンが変わってきます。

 

続きはコチラ

SEから上級システムエンジニアへの転職

SEからの転職先として最も多いのは上級システムエンジニアへの転職です。技術者として自分のスキルをより磨くために、転職して環境を変えることも必要です。
続きはコチラ

SEからプロマネ、コンサルへの転職

SE転職の王道といえば、プログラマ→システムエンジニア→プロジェクトマネージャ→コンサルという路線です。実際にSEからプロマネ(PM)に転職する人は多くいます。

 

続きはコチラ

社内SEへの転職

SEの転職先として社内SEはワークライフバランスを考えて働けることなどから人気があります。ただし、社内SEへの転職を希望する場合、もともと募集枠が少ないため事前の準備が重要になってきます。

 

続きはコチラ

30歳を過ぎたSEの転職先は…

30歳を過ぎたSE(システムエンジニア)の転職先として考えられるところをまとめてみました。一番多いのはやはり同じSE職ですが、それだけではありません。30代ならではの転職先もあるのでチェックしてみてください。

 

続きはコチラ

外資系のSEに転職するために必要なこと

外資系のSEに転職するために必要なものについて自らの経験をもとに記載しています。外資系だからと言って必ずしも英語力が必要なわけではありません。外資系で求められているSEは社内SEが中心です。

 

続きはコチラ

SEの転職先記事一覧

SEの転職先パターン

システムエンジニアが転職する場合、同じSEとして働く以外にも、いろいろなパターンが考えられます。よくあるのは、SEからプロジェクトマネージャやコンサルに転職するケースです。また、同じSEでも社内SEと呼ばれる事業会社側のSEに転職する人もいます。ただし、いろいろなパターンと言っても、大きく分けると2...

≫続きを読む

 

SEから上級システムエンジニアへの転職

SEの転職パターンとして、より上級のシステムエンジニアを目指すというのがあります。もちろん、何をもって「上級」のSEとするかは、人それぞれです。また、会社によって上級SEに求める役割が違うことがあるので事前の調査が必要です。例えば、比較的若い会社に転職すると、技術者リーダーとして、他の社員の指導を求...

≫続きを読む

 

SEからプロマネ、コンサルへの転職

SEから上流工程を担当するコンサルやプロジェクトマネージャに移るのは、「SE転職の王道」とも言えます。プログラマから、システムエンジニアを経てプロジェクトマネージャ、コンサルと進むのは、IT業界では一般的なキャリアパスです。大きな会社であれば、そうした「王道路線」が用意されていることもあります。ただ...

≫続きを読む

 

社内SEへの転職

「連日の残業や休日出勤で、このままSEとして働き続けるのは限界…」と感じているなら、社内SEへ転職する道があります。社内SEとは、開発会社側ではなく、システムを発注する会社側のSEのことです。開発会社側のSEとして働いているなら分かると思いますが、要件定義など打ち合わせを行う際の相手のことです。最近...

≫続きを読む

 

30歳を過ぎたSEの転職先

20代であればSE(システムエンジニア)の転職先はいろいろなところが選べます。まだまだポテンシャルや将来性を評価されることも多いので、未経験の業界に転職することも可能です。これが30歳を過ぎると状況が変わります。同じIT業界内でも経験のない業務への転職は簡単ではありません。また、SEとしても経験のな...

≫続きを読む

 

外資系のSEに転職するために必要なもの

転職先としてオイシイところといえば外資系です。理由のひとつは給料の高さ。外資系というのは本国で儲かるビジネスモデルを持っているところがほとんどです。本国で儲かっていないようなところは、そもそも海外に支社を置こうとは思いません。また、仮に支社を置いたとしても現地の人を採用するようなことはありません。海...

≫続きを読む

 

広告


 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収