SE転職に有利な資格

筋の通った資格取得が重要

IT関連の資格は公的なものから民間のベンダー資格まで、数多くあります。

 

数が多いだけに、SEが転職のために取るべき資格とそうでない資格が混在しています。

 

転職時のアピールを考えると、あれもこれもと資格を取得すれば良いわけではありません。

 

資格でアピールするのは、技術力です。

 

初級クラスの資格をいくつも持っていても何の技術者なのか分かりません。むしろ、単なる「資格マニア」で現場でのスキルは低いと思われます。

 

いろいろな資格を持っていることでポテンシャルや将来性が評価されるのは、25歳ぐらい(大卒で3年以内)までです。そもそも、転職者には即戦力を求めることが多いものです。

 

専門分野でより上位の資格を目指すのが王道

転職でのアピールを考えると、「筋の通った」資格取得を目指すべきです。

 

あれもこれも手を出すより、分野を絞って、より上位の資格を取得することが大切です。
そうすれば、ネットワークやデータベースなど、自分の専門をアピールすることが出来ます。

 

特に26歳以上であれば、その分野の最上位の資格を目指すべきです。公的な資格で言えば、IPAの「ネットワークスペシャリスト」や「データベーススペシャリスト」などです。

 

 

SEの転職で重要なのは、技術者として何が強いのかをアピールすることです。

「技術は実務で身につけました。
ただし、独学だったので、知識を整理するために、資格を取得してみました。」

という姿勢が評価されます。

 

マイナス評価に注意

逆にいろいろな分野の資格(特に初級レベルのもの)をいくつも保有していると、

「資格の勉強ばっかりしてて、実務は弱いのではないか?」

マイナスの評価となってしまうこともあるので、気をつけてください。

 

Web系の資格

数が多いWeb系の資格ですが、「Webプロデューサー」「Webディレクター」「Webプログラマー」など目指す職種別におすすめの資格がリンク先にまとめられています。Web系の方は参考にしてみてください。⇒ Web講座


広告


 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収