SEが中小企業診断士試験に合格するための勉強法を紹介

SEが中小企業診断士試験に合格するための勉強法

SE出身の中小企業診断士というのは少なくありません。
私(管理人)もSEの仕事をしながら中小企業診断士試験に合格しました。

 

試験に合格した後には研修があるのですが、同じ班にSEが何人も。
忙しいのはみんな同じなので試験勉強方法もいろいろな工夫をしていたようです。

 

そこで、これから試験を受ける方のために参考までに記載しておきたいと思います。

 

通勤時間、昼休み、帰宅前の空き時間を活用

仕事をしながら試験勉強をするとなると、大変なのは勉強時間の確保
SEとして複数のプロジェクトを抱えていると空き時間なんてないですよね。

 

ただ、空き時間がないと思ってしまったら終わりです。
診断士合格に必要な勉強時間は無理やりにでも作り出すしかありません。

 

  • 昼休みに早めに食事を済ませる
  • 通勤時間の電車の中、ホームでの待ち時間
  • 外食時に注文してから注文の品が来るまでの時間

 

こうした時間でも勉強できます。

 

実際に私もこうしたスキマ時間で勉強していましたし、研修で知り合ったほかのSEの方もそうだったようです(この話をしたときは、同志のような気がして盛り上がりました)。

 

帰宅時に最寄りの駅の一駅前で下車して歩いて帰る。
この時間を勉強に充てるという方もいました。

 

勉強もでき健康にもなるので一石二鳥だったとのこと。

 

小さい子どもがいるなどで家に帰ると勉強できないという人の場合は、こうした勉強時間の確保もアリかもしれません。

 

スキマ時間で出来る勉強

最近はこうしたスキマ時間で出来る勉強の種類も増えています。

 

スマホを使ったオンライン学習もありますし、オーディオブックなどの音声データであれば歩きながらでも勉強することができます。こうしたものを上手く活用するのが合格には必要です。

 

机の上以外での勉強というのは、意外と記憶に残りやすいものです。
そのときの景色と結びつけて覚えていたりするものだからです。

 

中小企業診断士の試験は暗記しなければならないことが少なくありません。
ぜひ、スキマ時間を上手に活用してみてください。

 

オーディオブック

スキマ時間は1日8時間以上!資格も語学も、耳を使えば圧倒的な効率アップ!

 

スマホ学習向き


広告


 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収