SE転職に有利な資格

SEから他職種への転職にはビジネス系の資格

SE(システムエンジニア)から他の職種に転職する場合には資格が効果を発揮します。
(私自身がそうでした。)

 

SEから他の職種に転職するパターンとしては、
  • PM(プロジェクトマネージャ)やコンサルへの転職
  • 社内SEへの転職
  • 業務企画職などへの転職

などが考えられます。

 

私の場合は、社内SEへの転職を経て、業務企画職に再度、転職しました。

 

このときに効果を発揮したのが、「中小企業診断士」と「ITコーディネータ」の資格です。この二つの資格を取得した意図は、ビジネス知識を身につけるということです。

 

SEが他職種への転職で評価されるところ

SEが他の職種に転職する際の強みとなるのは、
「ITをビジネスにいかに活用するか」という視点です。

 

評価されるのは、ITの技術的な知識よりも、
ITを活用してビジネス上の成果を上げるための方法です。

 

この場合に、SEの「弱み」となってしまうのが、「ビジネスを知らない」という点です。
損益計算書も読めないようでは、ITをビジネスに活用することなど出来ません。

 

この弱点を補うために、ビジネス系の資格が効果を発揮します。

 

もちろん、資格の知識と現場の実情は異なります。ただし、理論的な背景を持たないでいると、表面的な課題ばかりに追われてしまうことになります。

 

ビジネス系の資格が狙い目

中小企業診断士は、難易度も高く、簡単に取れる資格ではありません。
働きながらだと、勉強時間を確保するだけでも苦戦すると思います。

 

それだけに、やりがいもあります。
また、筆記試験の合格者が受ける実務補修には、多くのSE経験者もいました。

 

私が知っている資格は、上記の2つになりますが、
これら以外でも、ビジネス系の資格がたくさんあります。

 

SEからの転職を考えているのであれば、下記などで調べてみてください。

 

ビジネス系資格

クレアールのビジネス系講座

広告


 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収