システムエンジニアの資格

IT関連資格一覧

IT関連の資格は大きくは、「国家資格」「公的資格」「民間資格(ベンダー資格)」の3つに分かれます。

 

いずれの資格も、「これさえ持っていればどこの会社にも転職できる」というわけではありませんが、書類選考や面接等においてスキルを客観的に証明するものとして一定の評価を得られます。

 

また、資格保有者は自ら努力することができる人物としてスキル以外の面も評価されることがあります。ただし、業務に関係のないような資格をいくつも持っているのは、「仕事もしないで資格の勉強ばかりしているのではないか?」とマイナスの評価をされることもあります。

 

転職市場で評価されるためには、初級レベルの資格をいくつも取得するよりも、自分の専門分野でより上級のものを取得することが大切です。

 

下記に一般的に評価の高い国家資格についてまとめましたので、参考にしてみてください。

 

国家資格は、官公庁関連の仕事を受注する際の技術者レベルのアピール材料となるため、民間の資格よりも評価される傾向にあります。(特に官公庁関連の仕事が多い会社)


システムエンジニア向け国家資格

国家資格としては情報処理技術者試験が全部で12種類あります。
難易度はレベル1からレベル4までに分けられ、レベル4が最も難しい試験になっています。

 

レベル1はIT技術者以外も受験対象としているので、転職において一定の評価が得られるものは、レベル3レベル4の試験となっています。

 

難易度 資格名
レベル1 ITパスポート試験
レベル2 基本情報技術者試験
レベル3 応用情報技術者試験
レベル4 ITストラテジスト試験
システムアーキテクト試験
プロジェクトマネージャ試験
ネットワークスペシャリスト試験
データベーススペシャリスト試験
エンベデッドシステムスペシャリスト試験
情報セキュリティスペシャリスト試験
ITサービスマネージャ試験
システム監査技術者試験

 

オススメ! 転職・就職に必要な実務スキルをチェック
ヒューマンアカデミーWebコース

広告


 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収