SE転職に有利な資格

SEは他の職種よりも資格取得が評価される

SEの転職で資格を取得することは、間違いなく有利です。

 

ただし、資格を取得したからと言って、自動的に転職先が決まるということはありません。

 

転職活動は書類選考や面接で評価されることになります。このときに他の応募者がいないということは、まずありえません。

 

ということは、書類選考でも面接でも他の応募者と比べて評価されることになります。

 

この評価のときに資格を取得していることは有利に働きます。
資格を保有している候補者のほうがプラスの評価を受けることが出来ます。

 

また、資格を保有していることは、スキルを客観的に証明していることにもなります。特に20代や30代の場合は、それまでの実績で評価することが難しい面があるので資格が有効です。

 

スキル以外でも評価される

また、資格を取得している人は「自ら努力している人」との評価を得られます。

 

SEには、自ら学んでいく姿勢が大切です。
そうした姿勢がないと、技術の進歩から取り残されてしまいます。

 

面接の場で、「自ら学ぶ姿勢はありません」と宣言する応募者はいないので(仮にいても落ちるだけなので)、面接官としては資格取得といった行動面で評価するしかありません。

 

SEであれば、仕事が忙しいのは当たり前です。その忙しい中で、頑張って勉強して資格を取得したということは他の職種よりもプラスに評価されます。

 

基本情報処理技術者などの公的な資格からオラクルマスターなど民間の資格までIT業界には多くの資格があります。転職を考えているなら、自分のスキルにあったものを取得することを検討してみてください。

 

資格情報

アビバの基本情報技術者講座


広告


 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収