SEの仕事に限界を感じたときに検討したいことについて

SEの仕事に限界を感じたときに検討したいこと

残業続きと土日出勤があまりにも続くと体力的にも精神的にもキツくなってきますよね。

 

いくら好きな仕事であってもプライベートがまったくない生活となると何のために働いているのか分からなくなってくるものです。

 

SEを続けている限りは、この生活からは抜け出せないのかと思ってしまいがちですが、そんなことはありません。

 

SEでもプライベートを充実させるには

システムエンジニアでも仕事とプライベートのバランスを取って働くことは可能です。

 

別にめずらしいことではありません。
働き方改革により実際にそうしたスタイルで仕事をしているSEも増えてきています。

 

そのほうがイイ仕事も出来るものですし、疲れから集中力が欠けてミスをしてしまうこともありません。これは会社にとってもプラスです。

 

「最後に有休を取ったのがいつだったか思い出せない」という人は要注意。
働き方を見直す必要があります。

 

社内SEという働き方

ベンダー系のSEとして働いていて残業続きのプライベートなし状態が続いているなら、社内SEへの転職を検討してみてください。

 

自らは開発を行わなくてもユーザ企業側で業務要件をまとめたりする社内SEへのユーズは根強くあります。

 

ベンダー系で働いていて、開発先の会社に引き抜かれたというSEも少なくありません。

 

社内SEならではの苦労もある

社内SEであれば、毎日が定時というわけにはいきませんが、残業続きということもありません。少なくてもベンダー系から転職してきた人にとっては、労働時間は減少します。

 

もちろん、社内SEならではの業務(社内の部門間の調整)での苦労もありますが、プライベートがなくなるということはありません。

 

このままSEとして働き続けることに限界を感じているのであれば、ぜひ検討してみてください。
社内SEの待遇や年収を知りたい方は【社内SE転職ナビ】

SEの仕事に限界を感じたときに検討したいこと関連ページ

違った業務を経験
正当な評価でやる気↑
過労からの脱却
スキルアップ
やりがいのある仕事

 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収