システムエンジニアが転職するメリット

SEが転職するメリット記事一覧

違った業務を経験できることがSEが転職するメリットのひとつ

「SEの仕事」は、プログラミングから文書作成やプロジェクト管理など多岐に渡ります。その中から、自分に適性のあるものを見つけるには様々な業務を担当することが必要です。多くの業務を経験する中で、意外な自分の適性が見つかることもあるものです。また、他の業務を担当することで、自分のコアスキルが強化されること...

≫続きを読む

 

「正当な評価でやる気アップ」がSE転職のメリット

システムエンジニア(SE)は技術職であるため、経験年数やポジションによって評価基準の相場があります。SEとして働いていると当たり前のように思えますが、こうした相場がない職種もあります。SEの世界では、複数の会社が集まって1つのプロジェクトを行うことが頻繁にあります。そうした場合に、SEの技術力を評価...

≫続きを読む

 

SE転職のメリットの一つは過労からの脱却

システムエンジニア(SE)だからといって、連日の残業や休日出勤が「あたりまえ」ではありません。9時〜17時の定時で働いて、休日出勤もないSE職も世の中にはあります。こうしたSEは、開発会社側(ベンダー側)では、珍しいかもしれません。しかし、発注側(事業会社側)の「社内SE」と呼ばれる職種では珍しくあ...

≫続きを読む

 

SEが転職するメリットの一つはスキルアップ

技術職であるSEにとってマンネリは大敵。積極的に新しい技術を勉強する気持ちがないと、SEとして働き続けることができません。ただし、同じ会社にいると、その気持ちを活かす環境がなかなかありません。会社としては、新しいことにチャレンジさせるよりも、確実に出来ることを割り振ってしまうものです。もちろん、転職...

≫続きを読む

 

やりがいのある仕事に就く

技術者の醍醐味は自らの技術で社会に貢献できることです。SEのスキルも立派な技術です。一定のスキルを身につけたのであれば、それが社会の役に立ちます。社会貢献というと大げさに聞こえるかもしれませんが、「ボランティア」だけが社会貢献ではありません。世の中に役立つシステムを作ることも立派な社会貢献です。いま...

≫続きを読む

 

SEの仕事に限界を感じたときに検討したいこと

残業続きと土日出勤があまりにも続くと体力的にも精神的にもキツくなってきますよね。いくら好きな仕事であってもプライベートがまったくない生活となると何のために働いているのか分からなくなってくるものです。SEを続けている限りは、この生活からは抜け出せないのかと思ってしまいがちですが、そんなことはありません...

≫続きを読む

 

広告


 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収