転職先として社内SEを考えている人向け情報

意外な社内SEへの転職方法

社内SEへの転職は希望者に対して求人数が少ないのが特徴です。

 

このため、優秀なSEでもタイミングがあわないと転職することができません。

 

転職サイトに登録して、求人があるのを待つのが王道ですが、それ以外の道として「取引先へ転職する」パターンがあります。

 

私の周りにも、元々ベンダー側SEとして働いていて、取引先のユーザ企業側に社内SEとして転職した人が何人かいました。

 

ある種のコネのような採用ですが、実際に一緒のプロジェクトで働いたことがあるので、採用する側としても安心できるようです。

 

社内SEへの転職方法の王道

ユーザ企業側の人に引っ張ってもらえる可能性がない場合は、やはり転職サイトに登録することになります。私もこの方法で社内SEに転職しました。

 

ただし、社内SEは競争率が高いので、他の希望者との差別化が必要です。ITに関する知識や技術力で差別化することはできません。それは知っていて当たり前、できて当たり前だからです。

 

業界知識で差別化

差別化を図る方法のひとつは「業界知識」です。

 

同じ業界のシステムを複数経験しているのであれば、大きな強みとなります。特に要件定義などで業務プロセスに関わる部分を担当しているのであれば、評価が高くなります。

 

社内SEへの転職を考えているのであれば、こうした仕事ができるように今の会社で働きかけることも大切です。

 

資格取得で差別化

他の希望者と差別化を図るもうひとつの方法は「資格取得」です。具体的には、その業界固有の資格や中小企業診断士などビジネス系の資格です。

 

これは、業務知識を身につけていることのアピールになりますが、それ以上に、その業界に対する熱意(やる気)が評価されます。

 

ポイントは、IT系の資格でなくビジネス系の資格をわざわざ取得しているという点です。そのことから、通常の業務外で自ら勉強し努力する人物であることが裏付けられます。

 

こうした点は、採用側の担当者だけでなく、転職サイトの担当者の評価をも上げることになり、その結果として良い案件を紹介してもらえることにつながります。

 

ちなみに、私はこの方法で社内SEに転職することができました。社内SEへの転職は競争率が高いだけに、こうした努力が必要になります。

 

社内SEへの転職を目指すなら登録したいサイト




広告


 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収