システムエンジニアで年収1000万円以上の転職先

SEで年収1000万円以上となる転職先の見つけ方

SE(システムエンジニア)として年収1000万円以上欲しいなら転職が重要です。

 

もちろん、今の会社で年収1000万円以上が「見える」なら転職する必要はありませんが、どう頑張ってもこのままでは無理そうというのなら転職しかありません。

 

ただ、間違った転職活動も多いので注意が必要です。

 

スキルを極めての年収1000万越えは難しい

SEとして年収を上げるにはスキルを上げることが王道ですが、これには限界があります。会社の規模にもよりますが、年収1000万円を越えるには相当なスキルがなければなりません。

 

年収400万円の人が600万円になりたいというのならスキルアップでできます。

 

ただし、年収1000万円を越えるには、専門書を出版するなどして、その分野で業界内で専門家として認められるぐらいのスキルが必要です。

 

そこまでの技術力がすでにあるのなら良いのですが、そうでなければ別の方法で年収1000万越えを目指すべきです。

 

外資系での社内SEが狙い目

SEとして年収1000万円以上欲しいなら、ズバリ外資系での社内SEが狙い目です。
この職につければ、年収1000万越えは珍しくありません。

 

外資系なら「英語が話せないと」という心配は無用です。もちろん話せたほうが良いのですが、日本支社で働くのであれば日本語だけで十分な企業がほとんどです。

 

たまに、本社への報告を英語で書く必要がある程度なので、たいていの人はなんとかなるレベルです。また、そのときも報告書のテンプレートがあるものです。

 

評価されるのは技術力ではない

社内SEなので技術力はそこまで高くなくても大丈夫です。
必要なのは、その業界に対する知識や経験

 

これまでベンダー側のシステムエンジニアとして働いていたのであれば、開発したシステムの業界については詳しいはずです。また、システム化のポイントも抑えているはず。

 

自分が働いている環境ではみんなが知っているということでも、立場が変われば大きく評価してくれるということがあります。

 

外資系は尻込みしているSEが多いので逆に狙い目

外資系というだけでSEの中には尻込みしてしまう人がいるので、転職先としては意外な盲点となっています。

 

IT業界向けの転職サイトではなく、高収入向けの転職サイトの案件が狙い目になりますので、下記サイトなどに登録してみてください。

 

アーキテクト・システムエンジニアハイクラス転職・求人検索

広告


 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収