システムエンジニア(SE)転職成功のカギ

SE転職で大切なこと

SE転職イメージ

SE(システムエンジニア)は転職先のパターンが多いのが特徴です。

 

同じSE職だけでなく、プロジェクトマネージャ職からユーザ側の企画系職種まで幅広く転職できます。

 

新システム導入プロジェクトでの活躍が認められて、導入企業側に引き抜かれたというシステムエンジニアも少なくありません。

 

また、IT業界は転職のハードルが低いのもメリット。

 

IT業界では、「転職は何回まで」といった制限はなく、キャリアパスに沿っていれば、会社を渡り歩いている人のほうが評価されることすらあります。

 

安売りしない、タイミングを逃さない

転職先が多いSEだけに気をつけないといけないのが、自分を安売りしないこととタイミングを逃さないことです。

 

お金だけがすべてではありませんが、やはり年収というのは仕事を選ぶ上で大事なものですし、仕事を続けていくためにも妥協できないものです。

 

ところが同じ会社でしか働いたことがないと、自分の客観的な評価(年収)が分からなくなってしまいます。知らないうちに自分を安売りしているかもしれません。

 

こうしたことを避けるためには、転職サイトへの登録などで定期的に自分の評価を確認してみることが必要です。自分では意外な面が評価されることもあります。

 

他の職種への転職ではタイミングが重要

また、SEから他の職種(PMや企画職)へ変わることを考えている場合はタイミングも大切です。こうした職種では採用する側も若い人材を採る傾向にあるからです。

 

SEとしてキャリアの差はそれほど問題になりません。今までにひとつもプロジェクトを任されたことがないなら問題ですが、3つか4つかに違いはありません。

 

ある程度の経験さえ積んでいるのであれば、早めに動くことが必要です。


広告

 
 

 
SE向け転職サイト 年収1000万以上 SEの転職先 転職に有利な資格 平均年収